読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leaf's blog

記録しておきたい文章を綴ります。

苦役列車

対象的な二作が同時受賞で話題となった、芥川賞
山積みされていた文藝春秋3月号を発売当日買い求め、まず西村賢太さんの『苦役列車』を先に読む。
私小説の王道。
貧しい過去、どんづまりの日常、構築できない社会性。
それでも空隙(くうげき)結句(けつく)嚢時(のうじ)黽勉たる(びんべん)というような、「この人、いくつ?」と思わせる表現が散りばめられ、黙々と私小説の独学を続けていた様子がわかる。
ブログの範疇を超え、最後に救い(光明)があるのも純文学ならでは。
あざとい山場を拵えたストーリー性がないところはもちろん。
今日は『きことわ』を読んでみるつもり。どのような対比が見て取れるのか楽しみ。