読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leaf's blog

記録しておきたい文章を綴ります。

立川談春 新春独演会

立川談春さんの落語を聴きに品川へ。
f:id:leafwood:20170120091303j:plain
ちはるさん(小噺)とこはるさん(雛鍔)という弟子が前座を務める。
亡き談志師匠が、こはるさんを「女だったのか!」と驚かれた数年後、そのことをすっかり忘れて「ぼーや!」と呼んでいたエピソード。この話をこのあとに出てきた談春さんが「こうすればもっとウケるのに」といじる。人に話をうまく伝える方法は永遠の課題。
 
談春さんのマクラは、立川流一門の新年会で、亡き談志師匠のおかみさんがご挨拶をした話。これも本人の意図を違えて、お弟子さんを励ますつもりが、一同暗ーくなってしまったとか。
 
厩火事
孔子さまや、さる殿さまの例え話が出てまいります。
 
「居残り」とか、「佐平次」という基礎知識を伝授した上で、本編を披露。
伝統芸能を承継する者の宿命か。
大河ドラマでの春風亭昇太さんのような顔」とかキムタクのドラマでのセリフを取り上げたり、当日のお客様へのサービス精神はピカイチ。
 
談志師匠の「居残り佐平次」をWOWOWで録ったので予習しようかと思いましたが、やはり「次はどうなる?」とワクワクしながら見たいと思い、あえて録画を消してしまいました。
やはり「居残り」から佐平次の「居座り」「居直り」ぶりが面白かった。
 
談春さん、日本一チケットが取りにくい落語家として有名ですが、固定ファンを大切にする売り方をしているようです。一般発売の前に、事務所からメールで登録した方に事前販売の案内が来ます。
幼馴染の妹さんがずっと行きたかったそうで、そんなからくりをお教えしました。
ドラマ出演も増えた談春さん。でも、今回の独演会も約3時間たっぷりと。伺えて幸せ。