読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leaf's blog

記録しておきたい文章を綴ります。

レ・ミゼラブル

映画・歌舞伎

若い頃、日本初演のミュージカルを観た。

鹿賀丈史のジャン・バルジャン、滝田栄のジャベール、岩崎宏美、斉藤晴彦、野口五郎、山本耕史など、錚々たるメンバーのアンサンブル。メロディーが印象深く残った。

そして今回、ヒュー・ジャックマンラッセル・クロウの対決。予告編から、必ず観ようと思っていた。

正月休み明けのレディース・デーには、「解放されたミセス」が多く足を運んでいた。

冒頭のシーンから、度肝を抜かれる。あんな作業を「人力」でしかも「懲役」としてするものなのか。パン一つを盗んだ罪でここまで。

テナルディエ夫妻の狡猾さが「パンク」かつ「スタイリッシュ」に見えたりするのもおかしい。主要な登場人物が、自己の正当性をこれでもかと主張する重さに、人間のおかしみを添えている。

不覚にも涙を拭っていた。特に、ジャベールの最期。

ふとした会話も、旋律に見事にのっている。タモリがいうほど、不自然ではない。

「静かにしないと、みつかっちゃうよー!」と思えるシーンで、歌いあげているところもあるけど。

 公式サイト

http://www.lesmiserables-movie.jp/