読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leaf's blog

記録しておきたい文章を綴ります。

64

読書

 

昨年ベスト1という評価の高い本で、図書館でもまず借りれないと思い、アマゾンでポチっと購入。

昨日夕方から読み始めて、結局、深夜まで読み続けて読了。

ある県警の広報を担当する主人公・三上。

「宮仕え」なので、今置かれている位置で、それまでの評価、今後の処遇、同期とのランクなど、見えてしまうところが大きい。

娘の出奔の一因が、父親として理解の範疇を超え、それに翻弄される妻を支えきれなくなりそうなときもある。

実名公開の是非が重要なカギになっており、記者クラブとの熾烈なやり取りも見逃せない。

美雲という女性部下への扱いも考えさせられる。「女性」だからこそかばう主人公。

かばわれるのをよしとしない美雲。

作者の横山秀夫さん、昨年、講演会で拝見したが、病気で苦しんでいたとは思えなかった。このレベルの作品を、これからも数年に一度でいいので、出し続けて欲しい。

64(ロクヨン)

64(ロクヨン)