読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

leaf's blog

記録しておきたい文章を綴ります。

春から夏、やがて冬

読書

春から夏、やがて冬

春から夏、やがて冬


仕事が来る前に、朝から読み始めたら、読み終えてしまった。。。
2004年に『葉桜の季節に君を想うということ』で、「このミステリーがすごい!」第1位というどえらい評価を受けたばっかりに、この新刊の広告、帯も、「それを超える衝撃…」と、とても意識しているご様子。

その歌野晶午さんの新刊なので、Amazonで購読してみました。

万引き犯人の女性をスーパーの保安員が捕まえたら、とんでもない因縁があり…。

と、ここでも、登場人物には、最下層の生きにくさ、家族の喪失、DV、ガンという困難が待ち受け…。

ミステリーですから、多くは書けませんが、ぐいぐい読み進んでしまいました。

「ラスト5ページで、世界が反転…」って、帯の惹句は、言わずもがなのような。